大蔵経

中国
北宋版系
最初の大蔵経刊本は、北宋の太祖・太宗の治世、971年 - 977年(開宝4 - 太平興国2)にかけて蜀(四川省)で版木が彫られ、983年(太平興国8)に、都の開封に建てられた「印経院」で印刷されました。これは古くは『蜀版大蔵経』と呼ばれていたが、現在では開版の年号をとって『開宝蔵』、あるいは太祖の詔勅に基づいて開版されたため『勅版』と呼ぶのが一般的です。『開元釈教録 』によって編纂される。当時の「蜀大字本」の規格の文字により、毎行14字の巻子本形式でした。これは宋朝の功徳事業で、西夏、高麗、日本などの近隣諸国に贈与されました。983年に入宋した東大寺僧の「然(ちょうねん)は、新撰の大蔵経481函5048巻と新訳経典40巻などを下賜され、日本に持ち帰ったが、藤原道長が建立した法成寺に施入したために、寺と共に焼失してしまいました。ただ、新しく請来された大蔵経ということで盛んに書写されたため、その転写本が各地に幾らか残っています。『開宝蔵』の原本は、世界で12巻が確認されており、日本では京都・南禅寺および東京・書道博物館に1巻ずつ所蔵されています。

金の時代には、1147年 - 1173年にかけての時期に、『金版』が作られました。こちらも毎行14字。長らく幻の大蔵経でしたが、1933年に山西省の趙城県にある広勝寺で発見されました。そのため、別名『趙城蔵』とも呼ばれています。1984年より、この蔵経を底本にして『中華大蔵経』(影印版)が発刊されました。また、元の時代に数次にわたって補刻が行なわれています(元代補修版)。

契丹版系
契丹の990年 - 1010年頃に開版された大蔵経。契丹が後晋から割譲された燕雲十六州の地方で、この地にあった隋以来の房山の『石経』のテキストも参考にして、国家事業として行なわれた印刷事業でした。この大蔵経も金版と同様に幻の大蔵経であいましたが、1982年に山西省の応県にある古刹、仏宮寺の木塔に安置された仏像内から、12巻の『契丹版』が発見され、房山雲居寺の『石経』との関係などが確認され、毎行17字の標準形式であったことが実証されました。

南宋版系
南宋から明代にかけても各地で私版の大蔵経の作成が続きました。それは、福州(福建省)等覚禅院で11世紀末に開始された『等覚禅院版』(1075年 - 1112年)に始まります。これは、北宋版系や契丹版系の国家事業としての開版とは異なり、信者の寄進による私版の事業でした。以後、同じく福州「開元寺版」(1112年 - 1151年)や湖州の『思渓版』(1126年 - 1132年)、蘇州で開版された『磧砂版』(1232年 - 1305年)、杭州の『普寧版』(1277年 - 1290年)といった蔵経の印刷が続きました。この系統も、標準形式である毎行17字です。

明末になると、それまでの巻物ではない新しい形式の袋綴じ本の『万暦版大蔵経』(徑山蔵)が出版されました。清朝の大蔵経である『龍蔵』や、後述の日本の『鉄眼版』、『卍字藏』は、この系統に属します。

朝鮮半島

高麗では、1010年に『開宝蔵』の覆刻版を出し(『高麗初雕本』)、その版木が元軍による兵火で焼失すると、1236年には『高麗再雕本』を完成させました。この時、編纂の責任者であり、『高麗国新雕大蔵経校正別録』を撰した守其が、『契丹版』によって『初雕本』の誤りを改めています。今も海印寺に板木を収蔵する『再雕本』の『高麗大蔵経』は、当時誤雕が少なく古い姿をとどめる最良のテキストとされていたため、明治・大正時期の『縮刷蔵経』や後述の『大正新脩大蔵経 』では、北宋版系と契丹版系との校合を「他本に勝る所以である」として、底本に採用されました。

しかし守其が校合したのは、『開宝蔵』『高麗初雕本』『契丹版』の三者のみであり、『開宝蔵』と『高麗初雕本』とは原本と覆刻版の関係にあり、基本的に同一系統のテキストです。つまり、北宋版系と契丹版系との間で校合したのみに過ぎません。後にテキスト・クリティークが進むにつれ、「古い姿をとどめる最良のテキスト」という評価が「最初に印刷された大蔵経」であるということによる思い込みであったということがといわれるようになってきました。実際、北京を中心とした河北省・山西省の地域のテキストである房山『石経』『契丹版』や、或いは漢代から唐代の都長安の一切経写本の系統を引く、南宋版『思渓資福蔵』や元版『普寧蔵』等の大蔵経の方がより良いテキストである場合が多く、それに対して『開宝蔵(勅版)』『高麗版』系統のテキストは、蜀(四川省)の地域に流布していた写本系列の一切経の姿をとどめているに過ぎないという説が出されています。

しかし、仏教の中心であった長安の方が写経のたびに改編され、テキストとして洗練の度を加えていったため、逆に地方版である蜀地のテキストの方が原形を留めているという説もあります。例えば鳩摩羅什訳『摩訶般若波羅蜜経』の冒頭、開宝蔵で『如是我聞一時 佛住…』が、「思渓資福蔵」「普寧蔵」や後の「徑山蔵」では『如是我聞一時婆伽婆住…』になっている例に見られるように、新しい時代層の漢訳経典のスタイルに合わせて改変されている場合もあります。

日本

日本では、天平7年(735年)玄ム(げんぼう)が将来した五千余巻は、当時の欽定大蔵経と推定されます。平安時代末から鎌倉時代にかけては、栄西、重源、慶政その他の入宋僧の努力で、『宋版一切経』が輸入されました。

慶安元年(1648年)、南光坊天海による『寛永寺版(天海版)』が徳川幕府の支援をうけて完成。
天和元年(1681年)、鉄眼道光が『黄檗版大蔵経(鉄眼版)』を完成。鉄眼禅師が艱難辛苦の後に完成させた大蔵経として、第二次世界大戦前の日本の修身の教科書にも採用されて著名なものですが、歴代の大蔵経中で、最も誤字が多い。これは、明版の大蔵経の現物をバラバラにして、それを裏返して元版としたことによるものです。
1885年、『大日本校訂大藏經縮刷藏本』(縮刷大蔵経、東京弘教書院)を刊行。底本は『高麗大蔵経』
1902年、『卍字藏 』(京都藏經書院)刊行。
1912年、『大日本続蔵経』(日本藏經院)が完成。
校訂不備多しとの批判はあるものの、世界における仏教界や仏教研究に寄与しているのは、高楠順次郎・渡辺海旭監修の『大正新脩大藏經』(大正一切経刊行会)100巻である。高麗海印寺本を底本として諸本と校合、1924年から1934年にいたる歳月を費やし、正蔵(55巻)、続蔵(30巻)、昭和法宝目録(3巻)、図像部(12巻)を収めます。なお『大正新脩大蔵経』には、底本『高麗大蔵経』テキストに対する上記『思渓資福蔵』(宋本)、『普寧蔵』(元本)『徑山蔵』(明本)等のテキストとの異同の校訂情報が載せられています。この校訂は、『大日本校訂縮刷大蔵経』(縮蔵)の宋本・元本・明本(三本)との校勘を引き継ぎ、それに「宮内庁書陵部蔵宋本」(宮本)や「聖語蔵」などのテキストとの校勘を付加したものです。三本との校訂に関しては、原典に当たっていないと思われるケースもあり、校勘情報にも本文同様に誤謬、誤植が存在する場合もあるので、利用の際には、この点も考慮する必要があります。

美彫グループ・ロゴマーク
大蔵経
大蔵経

 大蔵経